上を見上げたら、すっかり秋の雲でした。

餌木とスッテ(両方ともイカを釣るための疑似餌です)を持って
穏やかな海に出てみました。狙いはスミイカです。

IMGP1549s_20081101160017.jpg
しゃくっていた餌木に、最初にズシッと抱きついてきたのはタコです。
地物のタコはスーパーで売っているタコとは別物で、とても美味しいのでラッキーです。
今年の東京湾は、本当にタコの沸きが良いですね。
蛸飯になってもらうべく、逃げ出さないように網袋に入れてキープです。

sumiikas.jpg
スミイカはこんな形で、コウイカと呼ばれる種類です。
噛むとしこっとした歯触りで、優しい甘みのある美味しいイカです。
江戸前のお寿司等でも好まれるようですね。

帰り際に小さなナブラ(魚が水面まで小魚を追いかけてきて盛り上がっているところ)が出ていたので、ルアーを投げて鯖とイナダも1本ずつ釣って帰ってきました。

秋の釣りは、一年の中で最も盛りだくさんです。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック