「硫黄島からの手紙」を映画館で見て少々不満が残ったため、
珍しくDVDを借りに行ってみました。
「男たちの大和」です。

個人的に長嶋一茂は違和感がありましたが、
日本的な、良い出来映えだと感じました。

音量が急に大きくなったりするので
見ている間中リモコンを手放せませんでしたが、
心の中に訴えかけてくるものがあります。
細かい心理描写なども含め、日本人好みの内容なのでしょうね。
しかし、この国で戦争の映画を作るということは
とても難しいことなのでしょうね。

戦争を美化する内容ではなくとも、
色々と批判が出るのだと思います。
題材が題材だけに、どうしても何らかの思想が入りやすいですから
そういったものを薄めるのに苦労している気がします。

デリケートな問題ですね。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック