P1250858.jpg


この度、遅ればせながらスマホデビューするにあたり、
20年以上お世話になったdocomoさんから離れ、所謂「格安sim」へ移りました。

一応、docomoさんでのスマホ変更も検討し、
店頭へも出向いたのですが、CMでやっていた
「はじめてスマホ割」や「家族まとめて割」等は、条件があるそうで、
スマホの月賦も合算するとかなりの月額料金に・・・。

ケータイ維持費って、昔に比べて随分高くなりましたね。

私も妻も移動は車がメインなので、移動中にスマホを見ることはありませんし、
出かけるよりは会社のPCで仕事をすることが多いため、データ通信はほとんど行いません。
使うのはメールとLINEくらいですから、データ通信速度も求めていないですし、
通話もかけるよりも受けることがほとんどなので、カケホーダイも不要、、、。
そして20年以上契約していても、割引は微々たるもの。

と、なれば、正直言ってdocomoさんに高い年貢を納めている必要も無いわけで、
MVNO業者さんで心は決まりました。

多くのMVNO業者さんの中から、私が最終的に選んだのは「lineモバイル」さんです。

lineやfacebook等の通信はカウントフリーということなので、
データ通信料については契約内容からオーバーすることもありません。

「FREETEL」さんもlineのカウントフリーをやっていましたが、
カウントフリーの内容がlineモバイルさんとは異なり、
動画や音声通話などはカウントするものでした。

私は、lineout(line電話)も利用し、夫婦間や知人間の電話代も浮かしたいので、
ここでデータ通信料をカウントされたくなかったのです。

私にとって、唯一の問題は[LINE」という会社の信頼度だったのですが、
回線はdocomoから借りているようですし、lineになにかあっても大丈夫だろうと判断しました。

そうと決まれば、docomoからMNP予約番号を発行してもらい、
simフリースマホの機種を決め、simカード契約、届いたら設定、というだけなので、
ネットで調べながらすぐに手続き出来ました。

注意点があるとすれば、メールアドレスはgmailになってしまうので各所への事前連絡が必要、
という位だと思います(携帯メアドにgmailが届かない設定の方も多いので)

一人5,000円浮くとして、夫婦で10,000円の経費が削減出来るのですから、
最初に掛かる多少の手間は気にならないと思います。

武蔵中原駅、新城駅周辺の賃貸売買不動産ならアクティブホーム
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック