20111019サバフグ

タイトルで
「ショゴ(カンパチの子)とメッキアジを釣りました」
と言いつつ、1枚目の写真はクサフグ

最初に釣れたものですから

自分の体の半分ほどもあるルアーにしっかり食ってきました

今週もボートで釣りに行ったのですが、
北東の強風でマリーナのすぐ近くまでしかでられず、
近場の温排水が出ているポイントで釣りをしました

20111019ショゴ

と、いうわけで、背景が工業地帯という不思議な状態ですが、
ちゃんとショゴ(カンパチの子)です

この数日で沖から湾内に入ってきたようです

20111019ショゴ2

イナダやワラサはたくさん釣りましたが、
ショゴを釣ったのは初めてなのでもう1枚写真を撮りました

20111019メッキ

そして、こちらも初めて釣りました
メッキアジ君です

メッキアジというのは正式名称ではなくて、
南方系の「ロウニンアジ」や「ギンガメアジ」の幼魚が黒潮に乗って
日本沿岸にやってきたものです。

南国に釣りに行く人たちにはジャイアント・トレヴァリー(GT)とかも
呼ばれています。
成魚は180cm、80kgになるんですって

この魚は幼魚で日本まで来るのですが、日本の冬の海水温に耐えられず、
すべて死んでしまう運命にある、「死滅回遊魚」なんです。

低い海水温が苦手なので、温排水があるところに居着くんですよ

20111019キビレ

この辺りでは珍しい、キビレ(キチヌ)も釣れました
クロダイの仲間なのですがやや南方系で、西日本では数がいるようです。

さすが温排水、普段釣れない魚ばかり

楽しいのですが、あまりに風が強くて釣りにくいのと、
潮も動いておらず活性が低いので、
夕食分だけ確保してこれにて撤収です
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック