上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県陸前高田市竹駒町周辺の様子です。

海岸線から離れた竹駒まで津波が襲うなどと、
誰が予想できたでしょう。







記事を複数に分けて公開してきましたが、
公開できる写真や動画はこれでおしまいです。

現地で会ってお話しして下さった方が

「この状態をたくさんの人に見てもらって、知ってもらいたい」
「復興は相当な長丁場になるので、今回の震災と津波被害を、
 そして自分達を忘れないで欲しい。」

と仰っていたのが心に残っています。

ニュースを見て日本中の人たちが心を痛めて
「自分に出来ることは何だろう」
と自問自答を繰り返していると思います。

被災地に直接行って支援できなくても、
それぞれで出来ることはたくさんあります。

気丈に明るく振る舞い笑顔で瓦礫を片付けている方達の姿に触れて
私が今回思ったことは
「自粛ばかりして経済を沈ませてはいけない。
 みんなが自分のいる場所で経済を盛り上げ、消費をして
 被災していない地域が被災地をしっかり支えられるようにしなければならない。」
という、とてもシンプルなことでした。

節電も義援金も、買い占めをしないことも、全て大事なことです。
国のお金も足らなくなるので税金も上がるでしょう。

短期的な支援ではなく、長期的な支援がとても大事だと思いますので、
一人一人が痛みを忘れずに分かち合って頑張り続けなければなりません。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。