2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県陸前高田市街地の写真と動画です。

毎年買い物に行っていたリプルやコメリは跡形もなく、
どこにあったのかもはっきり分からない状態です。
かろうじて駐車場跡地のガレキが少し撤去してあって、
「この場所だったかな」という程度です。

高田松原の道の駅としての建物は残っていましたが、
右側にあった物産を売っていた建物は無くなっていました。

海と貝のミュージアム、
そしてキャピタルホテルの建物自体は残っていますが、
使える状態ではないように思います。

野球場は水没しています。

立派な防潮堤も美しい松林も無くなっており、
国道45号線のすぐ横が海岸線になってしまいました。

国道45号線と高田松原の間に池のようなものがあったのですが、
松原が水没して海とほとんど繋がっているようです。

311津波後の陸前高田市街地1

311津波後の陸前高田市 高田松原道の駅







コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック