アカメフグ(ヒガンフグ)1

正月休みが明けてしまう前に、
東京湾で最近話題のアカメフグ(ヒガンフグ)釣りに行ってきました

正式名称は「ヒガンフグ」というのですが、
東京湾では「アカメフグ」と呼んでいます。

「アカメフグ」というフグは別でちゃんと存在するので
注意が必要ですよね。

サメ
リールのドラグを滑らせてフグ用の竿を折らんばかりの
力強い引き込みの正体はサメでした

竿も仕掛けも壊れちゃうので、ホントに来ないで欲しい

カットウでキス
すごーく軽い引き込みを見せたのはちっちゃいシロギスです

仕掛けは市販のカットウ仕掛けで、冷凍で買った甘エビを餌にしています。

アカメフグ(ヒガンフグ)2

釣れ上がるとおなかをふくらませてプクプクです

アカメフグ(ヒガンフグ)3
700gでもかなりのボリュームです。

ふぐを食べたいときはいつもショウサイフグ釣りに行くのですが
昨年の秋頃からあまり釣れていないようで、
東京湾内の乗合船も困っているみたいです。

ヒガンフグは白子を食べることが出来ないので、
6月頃のショウサイフグの白子シーズンには
大貫沖や木更津沖のショウサイフグが釣れるようになると良いですね。

コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック