上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
釣って持ち帰った大きいスズキが
腹の中に産卵前の卵(卵巣)を持っていましたので
カラスミもどきを作ってみることにしました。
(本来のカラスミはボラの卵巣です)



早速のミス 
片側の卵巣を少し破いてしまいました

201012022.jpg
血管に爪楊枝か何かで少し傷を付け、
指で血を押し出して血管の中に残っている血を
出来るだけ絞り出してから
水気を切って塩に漬けます。

数時間置くと水分が出てくるので、
塩を取り替えます。

201012023.jpg

塩を適当に交換しながら3日位漬け込んでみました。

取り出したら一日水につけ、次の一日は日本酒に漬けてみます。

カラスミを作っている方のサイトをいくつか見てみましたが
みなさんそれぞれのノウハウがあるようで少しずつ違うようです。

次の乾燥段階はみなさん天日干ししていますが、
私は夜中にならないと取り込みが出来ず、
雨に降られてしまう可能性も有ることから
冷蔵庫内で「ピチットシート」を使ってみることにします。

ピチットシート=魚の水分を吸い取ってくれ、冷蔵庫内で美味しい干物を作れる魔法のシートです。
http://www.pichit.info/

天日干しではないので、
シートを交換しながら2~3週間冷蔵庫内で乾燥熟成させようと思います。

どうなることか。。。
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。