上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県陸前高田市竹駒町周辺の様子です。

海岸線から離れた竹駒まで津波が襲うなどと、
誰が予想できたでしょう。







記事を複数に分けて公開してきましたが、
公開できる写真や動画はこれでおしまいです。

現地で会ってお話しして下さった方が

「この状態をたくさんの人に見てもらって、知ってもらいたい」
「復興は相当な長丁場になるので、今回の震災と津波被害を、
 そして自分達を忘れないで欲しい。」

と仰っていたのが心に残っています。

ニュースを見て日本中の人たちが心を痛めて
「自分に出来ることは何だろう」
と自問自答を繰り返していると思います。

被災地に直接行って支援できなくても、
それぞれで出来ることはたくさんあります。

気丈に明るく振る舞い笑顔で瓦礫を片付けている方達の姿に触れて
私が今回思ったことは
「自粛ばかりして経済を沈ませてはいけない。
 みんなが自分のいる場所で経済を盛り上げ、消費をして
 被災していない地域が被災地をしっかり支えられるようにしなければならない。」
という、とてもシンプルなことでした。

節電も義援金も、買い占めをしないことも、全て大事なことです。
国のお金も足らなくなるので税金も上がるでしょう。

短期的な支援ではなく、長期的な支援がとても大事だと思いますので、
一人一人が痛みを忘れずに分かち合って頑張り続けなければなりません。
スポンサーサイト
2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県陸前高田市街地の写真と動画です。

毎年買い物に行っていたリプルやコメリは跡形もなく、
どこにあったのかもはっきり分からない状態です。
かろうじて駐車場跡地のガレキが少し撤去してあって、
「この場所だったかな」という程度です。

高田松原の道の駅としての建物は残っていましたが、
右側にあった物産を売っていた建物は無くなっていました。

海と貝のミュージアム、
そしてキャピタルホテルの建物自体は残っていますが、
使える状態ではないように思います。

野球場は水没しています。

立派な防潮堤も美しい松林も無くなっており、
国道45号線のすぐ横が海岸線になってしまいました。

国道45号線と高田松原の間に池のようなものがあったのですが、
松原が水没して海とほとんど繋がっているようです。

311津波後の陸前高田市街地1

311津波後の陸前高田市 高田松原道の駅







2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県大船渡市市街地周辺の写真です。

毎年夏に見ていた街の風景がことごとく無くなっており、
言葉を失ってしまいます。

311津波後の大船渡市街1

写真はサムネイルで掲載しますので、クリックで拡大してご覧下さい。

311津波後の大船渡市街2 311津波後の大船渡市街3 311津波後の大船渡市街4

311津波後の大船渡市街5 311津波後の大船渡市街6 311津波後の大船渡市街7

311津波後の大船渡市街8 311津波後の大船渡市街9 311津波後の大船渡市街10

311津波後の大船渡市街11 311津波後の大船渡市街12 311津波後の大船渡市街13

311津波後の大船渡市街14 311津波後の大船渡市街15 311津波後の大船渡市街16 

311津波後の大船渡市街17 311津波後の大船渡市街18 311津波後の大船渡市街19

311津波後の大船渡市街20 311津波後の大船渡市街21

上空から見た映像などで建物が残っていても、
現地へ行ってみてみると
実際には全く使用できない建物になってしまっているのがわかります。
2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県陸前高田市小友町周辺の写真と動画です。

JR大船渡線の線路はほとんど流されたようで、
有った場所を見つけることも困難でした。

見渡す限りガレキの海という状態で、
自衛隊などの重機もいましたが
これを片付けるのは途方もない作業に感じました。

311津波後の陸前高田市小友1

311津波後の陸前高田市小友2

311津波後の陸前高田市小友3

311津波後の陸前高田市小友町4









311津波後大船渡市末崎町泊里1

2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県大船渡市末崎町泊里の周辺写真と動画です。

ガレキの中にバス停を見つけました。

311津波後大船渡市末崎町泊里2
泊里の農協です。

311津波後大船渡市末崎町泊里3

311津波後大船渡市末崎町泊里4
写真の一番手前にあった鮮魚シタボさんの店舗は津波に流されて
熊野神社の隣まで行ってしまいました。

311津波後大船渡市末崎町泊里5

311津波後大船渡市末崎町泊里6

311津波後大船渡市末崎町泊里7




311津波後碁石へ向かう通

2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県大船渡市末崎町にある碁石海岸周辺の写真と動画です。

碁石海岸へ向かう道路は所々アスファルトが津波でめくられたようで、
砂利道になっています。

311津波後民宿碁石丸
碁石海岸前の建物は無くなっていました。
民宿碁石丸の建物は残ってはいるものの、です。

311津波後碁石海岸
碁石海岸です。

311津波後碁石港
潮回りの小さい日だったとはいえ、
干潮に近い時間帯だったと思うのですが、海水が来ています。
地盤が沈下したようで満潮となれば完全に水没してしまうと思われます。









毎年夏に訪れては美しい海を見てここで魚釣りをしていたので、
楽しい思い出がたくさんある場所です。

311津波後の大船渡市末崎町門之浜、太田周辺1

2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県大船渡市末崎町門之浜及び太田周辺の写真と動画です。

上の写真は末崎小学校近くの道路から太田方面を撮影した写真です。

311津波後の大船渡市末崎町門之浜、太田周辺2
電柱は新しく立ててくれたものですね。

311津波後の大船渡市末崎町門之浜、太田周辺3
目印となる建物がことごとく無くなっているため、
車で走っていても道がわかりにくい状態です。
あとから写真を見ると自分でもどこを撮った写真だか
分からなくなってしまいます。

311津波後の大船渡市末崎町門之浜、太田周辺4
ここも立派な防潮堤が破壊されているのが分かります。




311津波後大船渡市末崎町マルヤマスーパー1

311津波後大船渡市末崎町マルヤマスーパー2



2011.3.11の東日本大震災、津波から1ヶ月経った
岩手県大船渡市末崎町細浦にあるマルヤマスーパー周辺の写真と動画です。

やはり津波に飲み込まれたようでとても残念です。
地域にとって大変重要なスーパーでしたので復興を願っています。

農協の1階の高さまで津波が来た様子でした。

このあたりには新しく電柱を建て直したようで、電気が復旧しています。
当然のことながら水道は復旧しておらず、給水車が来ています。
給水車は全国から集まっているようで各県のナンバーを見ることが出来ます。

避難所には食料が届けられますが、
高台に自宅が残っている被災者の所には既に食糧支援は打ち切られていました。

でも、食料を買えるところはほとんどありません。
盛駅のほうまで行けば営業しているスーパーがあるそうですが、
購入の点数制限もあるようです。

現地で売っている食料品は現地の方達が買うためのものですので、
もし親戚が被災地にいるなどで、被災地を訪れようとする場合は
食料と水を十分準備してから向かってください。
震災津波1ヶ月後の大船渡市末崎町細浦駅

2011.3.11の東日本大震災、津波後1ヶ月経った細浦駅ホームの写真です。
ホームは残るには残っていますが、
細浦駅も津波にのみ込まれたようで
線路やホームには家の屋根や車が散らかっており、
駅の両側で線路が潰されていています。


岩手県大船渡市末崎町にある、JR大船渡線 細浦駅の様子です。



岩手県大船渡市末崎町にある、JR大船渡線 細浦駅周辺の様子です。


岩手県大船渡市末崎町にある、JR大船渡線 細浦駅周辺の様子です。


岩手県大船渡市末崎町にある、JR大船渡線 細浦駅周辺の様子です。


岩手県大船渡市末崎町にある、JR大船渡線 細浦駅周辺の様子です。


岩手県大船渡市末崎町にある、JR大船渡線 細浦駅周辺 細浦港前の様子です。
震災津波1ヶ月後のマイヤ大船渡店
上の写真はテレビでも映っていたマイヤというスーパーの大船渡店です。

2011年3月11日の東日本大震災から1ヶ月が経った
4月11日の夜から神奈川県川崎市を出発して、
岩手県大船渡市と陸前高田市へ行って来ました。

義母(妻の母)が大船渡の出身なのですが、
妻の親戚の他、いつもお世話になっている方達が
今回の地震による津波の被害に遭いました。

私と妻は毎年のお盆休みに大船渡に遊びに行っているので
お世話になっている方がたくさんおり、
居ても立ってもいられない気持ちを抑え日々を過ごしていたのですが、
今回皆様とスタッフに仕事を調整してもらい、
私と妻の二人で現地へ行く機会を得ることが出来ました。

ワゴン車を借りて食料や物資を詰め込み、
仕事が終わった後に夜通し車を運転して、
4月12日の朝に現地へ到着です。

テレビで映像は見ていましたが、
やはりいつも見ていた街が無くなり、
見渡す限りガレキのみという光景は言葉を失ってしまいました。

東京から車で10時間もかからない場所なのにまったく別の世界のようで、
言葉では表現しきれそうにありません。

目的であった親戚や知人には一通り会うことが出来て、
食料や物資を手渡すことが出来ましたので、行けて本当に良かったです。

ご家族が亡くなって家や店が津波で無くなった方も、
津波で家がめちゃくちゃになった方も、
みんな前を向いてすごく頑張っていて、
元気な姿に触れるたびに「自分も頑張らなくては!」と強く思いました。

一晩だけ眠って次の日にはUターンしてきましたが、
また機会を作って現地へ行きたいと思っています。

向こうで会った方が
「お土産は何にもないけど、代わりに写真をたくさん撮っていってよ!
 みんなにこの状態を教えてやって!」
と言っていたので、写真をたくさん撮って、デジカメで動画を撮影してきました。

写真はアップしきれないくらいありますが、
何日か掛けて抜粋しながら複数の記事に分けてアップし、
動画はyoutubeにアップしたものを紹介させてもらいます。
ゴーヤーの種2011

今年もゴーヤーの苗作りをしています

去年収穫した白ゴーヤーと中長ゴーヤーから種を取って保管しておいたのですが、
これで何代目になっただろうか。

今年は釣り道具として使っているのプラスチックボックスに
キッチンペーパーを敷いて根出しをしてみました。

フタで保温されるからか、よく根を出してくれましたが、
種に少しカビが生えてしまいました

ゴーヤーの苗作り2011
でも気にせず苗にしちゃいます

白ゴーヤーと中長ゴーヤーがわからなくならないように、
札を立ててあとは毎日の水やりです。

早く芽を出しますように


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。