20110126サワラ

こんにちは。

会社用のブログなのに
最近は単なる個人的な釣りブログにしている私です

前回サワラの群れが見つからなかったにもかかわらず、
懲りずにサワラ釣りに出かけました

午前中はたいした反応も見つからず、
汗をかきかきジグをしゃくり上げてきても
なんにも釣れないので狙いをアオリイカに切り替え、
近くのアオリイカポイントで
スピニングアオリ(ティップラン又はスパイラル釣法)を試しましたが
今日はアオリイカも乗り気ではないようで

風も穏やかになり快適ですが、
こんな日は「凪倒れ(なぎだおれ)」で釣れないことも多いんです。

諦めながらもジギングに戻って釣りを続けていると
そこかしこでサワラがボイルを始めました
ボイル=水面のベイト(餌となるイワシなど)を魚が水面まで追いかけ、
      水面がぼこぼこジャボジャボしている活性の超高い状態

するととたんにサワラが入れ食いに

どこから現れたんだか、曳き船の漁師も30隻近く集まって大賑わいです

ものの1時間半ほどで20本以上は釣ったでしょうか。
あっという間にイケスとクーラーが満タンです

まだまだ入れ食いは続きそうでしたが、
これ以上は必要ないので竿をしまうことにしました。

一本も釣れない日があったり、
釣れすぎてしまう日があったり(釣れたのは短時間ですが)、
自然相手の遊びは不思議なものですが、
それがまた面白いところなのかもしれません。


調子に乗って今回もサワラを釣りに行ったのですが、
お目当てのポイントに着いて魚探を確認すると
前回はたくさんいたベイト(餌となる小魚)が今日は少ない様子

一応ジグを落として釣りを始めてみますが
何度しゃくり上げてきてもに反応がありません

魚探反応が濃ければ気持ちも続くのですが
反応も薄く、潮止まりも近いことから
気持ちを切り替えてアオリイカを狙うことにします。

釣り方は昨年春からお気に入りの
スピニングアオリ釣法(ティップラン或いはスパイラル釣法と呼ばれるもの)です。

ボートを近くのポイントに移動させて早速始めると
潮止まりなのに活性は高いようで
1時間半ほどで5杯を釣り上げることができました

P1050865.jpg

P1050866.jpg

良いサイズも交じり、自宅で量ったら最大は1.25kgありました
春の産卵シーズンでもないのに
このサイズに成長している個体がいるなんて驚きです。

上げ潮が効いてきたのでサワラ釣りに戻りましたが、
結局最後までサワラのアタリはなく、そのまま納竿となりました。

今期のアオリイカは沸きが良いようなので
今度はアオリイカメインで出かけようかと思います。
サワラタチウオ201101122

サワラ201101121

今期の東京湾は数年ぶりにたくさんのサワラが回遊してきたようなので、
ルアー(ジグ)を持ってボートで様子を見てきました

ポイントに付くと餌となる小魚(ベイト)の反応も多くあり、
この小魚を追って新しいサワラの群れが付いたみたいです。

時合いが来るまではしゃくり上げてくるジグに何の反応も無く、
延々と筋トレする修行のようですが、
魚は多いようで時合いさえ来ればアタリ連発です

※時合い…潮の流れる速さ等で魚の活性が上がったり下がったりします。

結果、二人でサワラ3~5本、ワラサ1本、太刀魚1~3本と
釣果に恵まれました

サワラは5~60cm級と少し控えめサイズですが、
とても脂が乗った寒鰆で最高の刺身が出来ました

白味噌を酒とみりんで伸ばして西京味噌を造り、
西京漬けをたくさん作ることが出来ました

昨年12/5の記事で製作?段階を書いた
スズキの卵巣で試作したカラスミについて完成報告を致します
(誰にも望まれていないですけどね…)

12/5の記事→http://activehome.blog84.fc2.com/blog-entry-210.html




水分を抜いたあとはラップに包んで冷蔵庫で寝かせておきました。

そぎ切りにしてクチに入れてみると、、、
意外に結構イケます
(自分でびっくり)

しっかりと濃厚な旨味が熟成された、ちゃんとからすみっぽい味わいになってます

カラスミモドキとしてはかなり上等で、
すこーし炙って食べると香ばしくて最高

今まで、スズキの卵巣って煮て食べる位しかありませんでしたが、
これからはちょっと楽しめそうです
アカメフグ(ヒガンフグ)1

正月休みが明けてしまう前に、
東京湾で最近話題のアカメフグ(ヒガンフグ)釣りに行ってきました

正式名称は「ヒガンフグ」というのですが、
東京湾では「アカメフグ」と呼んでいます。

「アカメフグ」というフグは別でちゃんと存在するので
注意が必要ですよね。

サメ
リールのドラグを滑らせてフグ用の竿を折らんばかりの
力強い引き込みの正体はサメでした

竿も仕掛けも壊れちゃうので、ホントに来ないで欲しい

カットウでキス
すごーく軽い引き込みを見せたのはちっちゃいシロギスです

仕掛けは市販のカットウ仕掛けで、冷凍で買った甘エビを餌にしています。

アカメフグ(ヒガンフグ)2

釣れ上がるとおなかをふくらませてプクプクです

アカメフグ(ヒガンフグ)3
700gでもかなりのボリュームです。

ふぐを食べたいときはいつもショウサイフグ釣りに行くのですが
昨年の秋頃からあまり釣れていないようで、
東京湾内の乗合船も困っているみたいです。

ヒガンフグは白子を食べることが出来ないので、
6月頃のショウサイフグの白子シーズンには
大貫沖や木更津沖のショウサイフグが釣れるようになると良いですね。

増上寺と東京タワー

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いします

今年の正月もおかげさまで
ゆっくりと過ごさせてもらう事が出来ました

体がなまってきた1月3日は、
妻の希望で徳川家の菩提寺である「増上寺」へ出かけてきました

たくさんの人で賑わっていましたが妻も私も新年祈願に全く興味はなく、
「徳川家の菩提寺」・「徳川家の墓所」ってところがポイントなのです

でも、過去の焼失等もあってあまり見学するような
歴史的建造物というようなものは少ないんですよね。

墓所も宝塔等も見学できるのかと思っていましたが、
敷地の門しか見られずちょっと残念。

東京タワーをバックにジャンプ
とりあえず、東京タワーをバックにジャンプしておきました
今年も元気に頑張ります