暗闇からこちらを見るハクビシン

我が家にハクビシンがやってきました

写真では一匹しか撮れませんでしたが、
二匹いるのでつがいでしょうか。

漢字では白鼻芯と書くそうで、
なるほど顔の真ん中に額から鼻まで白いラインがあります。

秋頃から屋根裏(屋根の上?)や床下あたりからカリカリと音がするので
ネズミかなと思っていたのですが、どうやら正体はハクビシンだったようです。

庭の果樹が食べられてしまったり、
糞尿をまき散らされたりと困っていますが、
ちょっと驚かした位では逃げない性格のようで。

ハクビシンに囓られたキウイ
被害にあったキウイ

ハクビシンのフン
屋根の上のフン

庭に洗濯物を干すと、洗濯物がとても臭くなります。
屋根裏に入り込んでいる可能性も高いのですが、
屋根裏を覗くのが怖いです
20091209タチウオ

水曜日の休みに、タチウオを釣りに行ってきました

漢字では太刀魚って書くんですよ
銀白色に輝く、太い刀のような魚体で格好いいですよね

東京湾では夏と冬にタチウオ釣りの時期があって、
夏場は千葉県側の割と浅い水深で釣れるのですが、
冬のタチウオ釣りは神奈川県側の観音崎沖、
水深80m~100m位の深場での釣りになります。

イワシの活き餌や鯖の切り身餌で釣ったり、
ジグという鉛のルアーで釣るのですが、
準備の手軽さもあって私はいつもルアーで釣っています。

ただ、ルアーを活きているように見せるには、
ずっと竿をしゃくりながら上へ上へとリールを巻かなければならず、
この水深ではなかなかの重労働です

3時間強の釣りで、この日はなんとか5本を釣り上げることができました

釣りたての太刀魚は刺身も塩焼きも最高で、
竿をしゃくっていた左肩が痛いのに、
また釣りに出かけたくなりました


IMGP2464.jpg

ふと枇杷の木を見たら、もう花が咲いていました

あまり目立つ花ではないので、
気にしていないと気が付かずに終わってしまいそうな花ですが、
素朴で優しい感じがする、かわいい花です

先日、blogを見てくださった、
とあるお客様に枇杷の葉を差し上げる機会があったんです。

どうするのか聞いてみたら、
焼酎で枇杷のエキスを取り出したり、温灸にするそうです。

そういえば以前、枝おろしをしていたら散歩をしている方に
「枇杷葉風呂にしたいので、葉を少し分けてほしい」
と声を掛けられたことがありました。

私はあまり知らなかったのですが、
枇杷の葉って意外と人気があるんですね
12月に入りましたね。
何かと慌ただしくなって参りました。

ところが私は1週間ほど前からひどい風邪を引いてしまい、
毎日からだが重いです

インフルエンザではなかったのが救いですが、
この風邪で地区の役員研修も急遽欠席せざるを得なくなり、
各方面へご迷惑をお掛けしている毎日…

年末で忙しくなるので、
気合いを入れ直して頑張らなくては!

皆様も風邪やインフルエンザに気をつけて、
12月を乗り切りましょう