上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「相続が発生したら、相続税(がかかる場合)は10ヶ月以内に納税しなくてはならない」って、ご存じでしょうか。

この納税期限は、実はスケジュール的にかなり厳しいのです。
地主さんは通常、資産を不動産として所有しているので
急に動かせる現金というのは、それほど多くはありません。

『相続が発生したら現金化(売却)して、相続税を納めよう』と予定している土地等も、
遊ばせておく訳にもいかないので普段は月極駐車場等にして第三者に貸しています。
スポンサーサイト
仕事でもプライベートでも、相続のご相談を頂くことが度々あります。

しかし、相続について相談を受ける場合の多くが、
「相続が発生してから(親や配偶者等が亡くなってから)」なのですが、
相続が発生してしまってからでは、
我々不動産業者や税理士等々が相続人さんのチカラになれることは、かなり限られてしまいます。

相続のお手伝いをさせていただくには、
相続が発生する前にご相談いただいて、一緒になってその対策をすることが大事です。

相続対策というと、アパートを建てるだとか、資産運用をしようだとかいう話しになりがちですが、此処で営業的な話しをする気もありませんので、時々思い出したようにちょっとずつ相続についてのことを書いていこうと思います。

相続対策のセミナーを行う会社は建築会社が多いので、「相続対策=アパートを建てる」というイメージがありますが、そういった「節税対策」よりも
・「いかにズムーズに相続人に財産を分割するか(分割対策)」
・「いかにスムーズに納税出来るようにしておくか(納税対策)」
の2点の方が、相続対策としての優先順位は高いのではないかと私は考えます。
(バブルの時代なら、節税対策が優先にならざるを得ないでしょうけれど)

でも、一番大事なことは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。